ケミカルピーリングとは

 

ケミカルピーリングとは何ですか?

皮膚にフルーツ酸(グリコール酸)や植物の酸(サリチル酸)を用いて蓄積された古い角質層を除去することにより、新陳代謝が促進され、きめ細かなハリのある皮膚を取り戻します。

ケミカルピーリングは、ニキビやシミなどを治療するだけのものではありません。効果的に皮膚を活性化させ、うるおいに満ちた肌へ導きます。

 

以下は当院で行っています、メディカルピーリングについて説明します。

メディカルピーリングとは

〜SKIN-CARE TO SKIN-CURE〜

 

古くなった角質が蓄積され、そのままにしておくと、お肌のトラブルの原因となることはご存じでしたか?「ダーマピール」は皮膚の古くなった角質を取り除き、細胞の新陳代謝を促すメディカルピーリング法のこと。3ステップで構成される、新しいシステムです。

 

メディカルピーリングって、何ですか?

顔、腕、背中などのニキビやシミの治療を目的として、病院だけで受けていただくことができるケミカルピーリングを「メディカルピーリング」と呼んでいます。皮膚にフルーツ酸(グリコール酸等)を用いて、皮膚表面の角質細胞間の接着をゆるやかにし、角質層に蓄積されたごく薄い角質を除去します。

どのような人が、メディカルピーリングを受けるのですか?

ニキビ、過剰皮脂、くすみ、小じわでお悩みの方に、適応されます。

 

ニキビ・過剰皮脂

古い角質は毛穴の出口に厚くなって詰まっています。酸の働きで角質をはがすと、古い皮脂が外に出てきます。数回続けることによってニキビの芽となるコメドが減少。ニキビができにくくなってきます。ニキビができやすい方は、ニキビ予防としてもおすすめです。

 

ニキビ痕

酸の働きで古い角質を除去すると、基底細胞が活性化します。その結果、表皮にハリを与えることになり、ニキビ痕の凹凸が減少します。

 

シミ

紫外線を浴びると、お肌は自分を守ろうとする働きでメラニン色素を大量に作ります。作られたメラニンは、時間がたつと本来のターンオーバーによって肌の表面まで押し上げられ、アカとなってはがれ落ちます。しかし、新陳代謝が衰えていると、そのまま沈着してシミとなってしまうのです。酸の働きにより細胞の新陳代謝を促進させて、蓄積された異常なメラニンを含む表皮細胞をはがすので、シミを薄くすることができます。また、角質を薄くすることで、美白剤の浸透性も高くなります。

 

ダーマピールは、3ステップ。

「ダーマピール」は、新しい考え方のスキンキュアシステム。ドクターによるメディカルピーリング後は、<デルファーマ>のサポートケア製品をお使いください。あなたのお肌をすこやかに導く、シンプルで効果的な3ステップをご紹介します。

 

 

Dermpeel(ダーマピール)ステップ@

まず、プロテアーゼ酵素ジェルまたは酵素パウダーを混ぜ合わせた洗顔料を、お肌に塗布。そのお肌にマッサージを行って古い角質を柔軟にすることで、ステップAのグリコール酸の浸透を促します。

 

Dermpeel(ダーマピール)ステップA

20%30%、又は40%濃度のグリコール酸溶液を塗布して、古くなった角質を除去します。この段階で少し刺激を感じられるかもしれませんが、それはわずかな時間です。塗布後は15秒〜2分間放置。発赤が見られたら、塗布した酸の中和をします。

 

Dermpeel(ダーマピール)ステップB

冷水に浸したクーリングマスクで、約6分〜10分間冷却します。すぐに冷却することにより、お肌をゆっくりと鎮静化させます。

 

1,2,3ステップのメディカルピーリング後は、<デルファーマ>のポストピールローション、デイプロテクションを塗布してください。お化粧は、すぐ後にしていただけます。

 

 

お肌のために、知っておきたいメディカルピーリングQ&A

 

@痛みはないの?

テキスト ボックス:  お肌に酸を塗布しますので多少ピリピリ感はありますが、2分程度でおさまります。また、その後冷水で冷やしていきますので、治療後の痛みはほとんどありません。さらに、治療後はお化粧もできますので、日常生活に支障はありません。

 

Aニキビは治るの?ニキビは予防できるの?

ニキビは、メディカルピーリングの効果が一番期待できる症状。毛穴に詰まっている皮脂を取り除くことで、ニキビの芽となるコメドを減少させてニキビを予防します。また、自宅ではグリコール酸や殺菌作用のあるサリチル酸配合の化粧水など、ピーリング治療のサポートケア基礎化粧品を処方します。治療の効果を維持し、ニキビの再発を予防して、治療期間を縮めるなど、相乗効果が期待できます。

Bシミは消えるの?美白効果はあるの?

個人差はありますが、メディカルピーリングとハイドロキノンやビタミンACなどの美白剤を併用することで、シミを薄くします。これは、メディカルピーリングで古くなった角質を取り除くことにより、美白成分のお肌への吸収性が高まるからです。また、代謝のリズムを正常に取り戻すことで、透明感とつやのある肌へと導きます。

Cメディカルピーリングに使用されるグリコール酸や、化粧品に配合されているAHA。よく聞く名前ですが、いったい何?

AHAとはアルファハイドロキシアシッド(A1pha Hydroxy Acid)のことで、フルーツなどに含有されている酸のこと。フルーツ酸の中にもグリコール酸、リンゴ酸、ブドウ酸などがありますが、メディカルピーリングに主に使用されるのは、砂糖きびから抽出されたグリコール酸。これは、グリコール酸の粒子が他の酸に比べて小さく、お肌に浸透しやすいからです。

Dメディカルピーリングって安全なの?

病院で行うのと、エステで受けるピーリングとはどう違うの?

日本では、エステ業界の一部が積極的にケミカルピーリングを導入。しかし、安全基準のないまま広がったため、一部のエステによる皮膚トラブルの被害が続出しています。この状況から平成12年11月に厚生労働省が「ケミカルピーリングは医師のみが行える『医療行為』である」と日本医師会や都道府県へ通知しました。ケミカルピーリングに使用する酸の種類・濃度・pH値などは、接触時間や月経周期によって皮膚への浸透度が異なります。そのため、安全なピーリングを行うには、ひとり一人の肌をしっかり診察した上で、その人に合った治療方法を選ぶことが大切。病院で、専門知識を持つドクターにより、安全かつ効果の高い“メディカルピーリング"を受けることをおすすめします。

E何回受ければいいの?

通常23週間の間隔で、基本は6(1クール)受けていただきます。個人差はありますが、

3回目くらいからお肌が変わってくるでしょう。クール終了後は、36ヶ月間隔をおき、医師に相談のうえ、必要に応じてメディカルピーリングをお受けいただくとよいでしょう。

F6回の治療後は、どうすればいいの?

低濃度AHA配合の化粧水や美容液など、ピーリング治療に関連したサポートケア基礎化粧品を使用して、自宅でお手入れをしてください。また、プロテアーゼなどのたんぱく分解酵素の入った化粧品を週1〜2回使用し、古くなった角質や毛穴の汚れを取り除くことでメディカルピーリングの効果も維持できるでしょう。

G自宅でもピーリングはできるの?

通信販売やドラッグストアなどで販売されている「ホームピーリング」と呼ばれる化粧品は、病院で使用するグリコール酸に比べて濃度が低く、酸のpH値も高くなっています。そのため、効果が現れるまでかなりの時間がかかり、また、肌に合わないものを使用するとトラブルの原因にもなります。安全で、効果の高いピーリングを希望される場合は、病院でドクターに肌を診察してもらい、ドクターによる治療“メディカルピーリング"をお受けになることをおすすめします。

※ 以上の記載はセストコミュ社のパンフレットを元に作成しております。

 

 

「ダーマピール」をもっと知りたい方に

 

「ダーマピール」が治療上すぐれているのは、どのような点ですか。

「ダーマピール」は、プロテアーゼ酵素であらかじめ角質をやわらかくします。こうすることで角質層を除去するためのグリコール酸がお肌に浸透しやすくなり、お肌への負担を最小限におさえられるのです。

どのくらいの頻度で、治療するのですか。

2〜3週に1回が基本ですが、お肌のタイプによって異なります。通常6回が1サイクル(1クール)。治療期問中、または治療後は専用のサポートケア製品でお家でのアフターケアを行っていただきます。さらに、その後の治療については、担当医にご相談ください。

     アフターケアには<デルファーマ>のサポートケア製品を使用することで治療の効果を維持し、ニキビの再発を予防するなどの相乗効果が期待できます。

治療後のお肌は、どのような状態になるのですか。

メディカルピーリングを受けると、赤みやほてり感が2〜3時間、長い方で1日続きます。また、2〜3日はかさつき感や乾燥感がありますので、その間は<デルファーマ>ポストピールローション、で水分を補給してください。さらに、ニキビの方は<デルファーマ>アクティブCコントロール、シミ.くすみ.小じわの方は<デルファーマ>ブライトニングEXなどの保湿クリームを塗布し、サンスクリーン用のデイプロテクションも塗布ください。ニキビの方は、数日間ニキビ箇所が悪化したようにも見える場合がありますが、これは中に詰まっていた皮脂が排出される過程ですので、心配はありません。お化粧は、治療の直後でも<デルファーマ>の基礎化粧品でトリートメントをしたうえで、すぐにしていただけます。

Q & A

メディカルピーリングが治療上優れているのはどのような点ですか?

ダーマプラーニング、またはパパイヤ酵素であらかじめ角質をやわらかくすることにより、グリコール酸の浸透性を高め、肌への負担を最小限におさえられる点が、マイクロピールの大きな特徴です。

どのくらいの頻度でこの治療をしたら良いのですか?

肌のタイプによって異なりますが、治療は2週間〜3週間に1回が基本で、通常6回が1サイクル(1クール)となります。

治療期間中また治療後は、専用のホームトリートメント製品でアフターケアを行ってください。またその後の治療については症状に応じて説明いたします。

治療後はどのような状態になるのですか?

ケミカルピーリングを受けると、赤みやほてり感が23時間、長い方で1日続きます。その場合は低刺激性の化粧水などで水分補給を十分に行ってください。また、23日はかさつき感や乾燥感がありますので、保湿クリームを塗布してください。

にきびの方は数日問にきび箇所が悪化したようにも見える場合がありますが、これは中に詰まっていた皮脂が排出される過程ですので、心配はありません。

お化粧は治療後、すぐにしていただけます。

メディカルピーリングを受けたいのですが、副作用などが心配ですが・・大丈夫でしょうか。

当院ではメディカルピーリングに関してメディカルピーリングの最大手、エスト・コミュ社の製品を使用しております。豊富な経験と実績を持つ会社で、安定した品質と安全性を有しております。なおかつ、医療機関で行う、ケミカルピーリングですから、安心して治療を受ける事が出来ます。

保険はききますか?

残念ながら、今の段階では保険はききません。美容の部類と同じ扱いです。ですので、保険外の扱いとなります。

お値段はおいくらですか

ケミカルピーリングは1回につき8000円で行っています。ホームケアー用のセットは8000−9000円で取り扱っております(但し、これは大まかな基準ですので、詳しくはお問い合わせ下さい)。商品ごとの個別の販売も行っております。

受診すれば直ぐにメディカルピーリングを受けられますか。

患者様の症状に応じて、メディカルピーリングの適応か否かの診断をします。また、メディカルピーリングには30分−1時間くらいの時間もかかりますので、原則予約制と成っております。まずは診察をお受け下さい。

 

※ 巷でのエステサロンなどでの無資格での医療行為を行って健康被害が多発しております。このような医療行為に準じる物はぜひ医療機関でお受けになることをお薦めいたします。